レーザー脱毛

レーザー脱毛

レーザー脱毛も近年、人気の高い脱毛方法のひとつです。メラニン色素に反応するレーザーを用いて、毛の中のメラニン色素に集中的に熱を加え、毛根部分を壊してゆく脱毛方法です。
レーザー脱毛のメリットとしては、レーザーは、毛穴の奥にあるメラニン色素に吸収されるため、皮膚表面を傷つけることはないということ、痛みがあまりないということです。痛みに関しては、個人差があり、かなり痛い、という人もいます。毛の量が多い最初のうちは、痛みを感じる人が多く、回を重ねるごとに痛みを感じなくなるようです。レーザー脱毛の場合、施術時間も短くてすみます。1秒間に約10本の脱毛が可能です。

 

レーザー脱毛は、基本的には、皮膚表面に影響を与えない方法ではありますが、やはり炎症を起こすこともあり、軽いやけど、シミなどの痕ができることもありますが、エステでのレーザー脱毛は、出力を下げて行っているため、比較的トラブルの少ない脱毛方法であると言えます。
レーザー脱毛の注意点としては、メラニン色素に反応するレーザーを用いるため、日焼けした肌へは御法度、という点です。日焼けしている方は、施術前には必ずきちんとカウンセリングを受けて、相談しながら進めるようにしてください。

 

また、エステでのレーザー脱毛は、安全性を重視し、出力を抑えているため、永久脱毛というよりは、長期脱毛(2年くらい)と考えた方がよいでしょう。

医療用レーザー脱毛との違いは?

レーザーを使用し、毛根を破壊するというのは、本来医療行為になります。したがって、レーザー脱毛で、より高い効果を求める場合は、医療用レーザー脱毛の方が適しています。レーザー脱毛と同じように表現しても、レーザー出力の高い医療用の方が“永久性”が期待できます。

 

また、医療機関での脱毛のため、痛みが強い場合は、麻酔などを利用し、痛みをやわらげるという処置も可能です。もちろん、万が一、皮膚への影響が見られた場合、すぐに治療ができるという安心感もあります。
レーザー脱毛は医療機関でも行えるということは、覚えていて損はないですね。

レーザー脱毛のしくみとは?他の脱毛方法とどう違うの?【エステサロンの脱毛方法の種類】関連ページ

フラッシュ脱毛
ニードル脱毛
ワックス脱毛
シルキー脱毛
シェービング